事故車は廃車より買取

車が古すぎて売れるわけがない?

 

故障してるから廃車にするしかない?

 

事故車だから廃車以外どうもできない?

 

 

そんな事ないですよ!
廃車という判断はまだ早いです!

 

絶対に下取りは無理!
そう思っていた車でも買取ってもらえるかもしれないですよ!

 

 

廃車寸前の車でも買い取ってもらえる理由

 

主にアジアなどでの金属売買や自動車部品の買取ルートを持っており廃車寸前の車を買取ってくれる。
また自分でいじったことのある人であれば知っていると思いますが
車の部品はバンパーやマフラーやドアミラーなどパーツごとに購入できるし売れるんです。
そういったことができるので廃車するしかない車でも買い取ってくれることがあるんです。
もちろん廃車にする手間は業者さんにはありますが
処分したい人としては廃車寸前の車が買い取ってもらえるのはとても有難いことです。

 

【自動車の解体にかかる費用】
昔とは違って最近はお金を払って廃車にするご時世です。
通常1万円程度の費用がかかります。

 

【自動車リサイクル料金(購入した時に支払っていればないです)】
2005年1月から開始された自動車リサイクル法により
新車購入時や2005年以降の車検時や廃車にする際に支払う事になっています。
通常1万5千円前後の料金がかかります。
この料金は最終的に車を処分する人が支払いをします。

 

なので、車買取業者で売った場合などはかかりません。

 

【廃車手続き費用(自分でする場合は無料)】
陸運局で廃車手続きを行う場合行政書士に依頼することが多いと思います。
車の登録抹消手続きに代行費用として1万円前後料金が必要になります。
廃車にするには車の解体費用や引き取り料などが必要になるので意外とお金がかかります。
車を処分しようと考えているならまずは車を費用なく引き取ってくれるところや

 

買取業者さんをにお願いしてみるといいですよ。
もしかしたらお金を払うのではなくもらうことが出来るかも知れませんよ。

 

廃車にするには上記のお金を支払う必要があります。
お金を支払って車を廃車にする前に、本当に売れないのか調べた方がお得です。

 

出費ではなく、新しく購入する車の資金ができるかもしれないですよ。

 

参考サイト